映画・テレビ

January 07, 2005

もうひとつ、いいですか?

以前書いた刑事コロンボのファースト・シーズン45話を見終わった。夏休み頃からちょっとずつ見始めたのだが、仕事が始まるとなかなか見る時間と気力がなくなってしまい、結局そのまま、冬休みになってしまった。しかし、この数日は鬼のように見まくったもんね。この3日ほどで10話以上見たものなぁ。って、結構、暇だったってことか?(^_^;)
いや、こういう時でないと、じっくりDVDなど見ている時間がないものなぁ。非常に貴重なんだよね。

気がつけば、歯の痛みも消えている。睡眠時間や食生活がきちんとなった……なんてはずがないので、もらった薬が効いているのであろう。まぁ、結果オーライというところか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2004

アメリカン・ヒーロー

遂に、アメリカン・ヒーローのDVDが発売されました。

これ、高校時代に見ていた懐かしいTVシリーズなんだよな。原題は、「The Greatest American Hero」。何か凄そうですが、これが全く違う。主人公の熱血高校教師、ラルフ・ヒンクリー(ウイリアム・カット)は、ある日、UFOと接近遭遇。そして、”一方的に”地球を救うヒーローとして選ばれ、超能力を発揮する真っ赤なスーツとマントを与えられます。スーツといっても、全身を覆う真っ赤なタイツで、胸にはスーパーマンの”S”ならぬ、なぜか”中”という文字が付いているという情けないもの。しかし、これを身につけると、空は飛べるは、弾ははね返すは、透明人間になれるはという優れもの。「ヒーローなんて柄じゃない」と嫌がるラルフを、相棒のFBI捜査官ビル・マクスウェルが無理矢理引っ張り回して、事件を解決していくというストーリー。

日本テレビで、日曜日の夜10:30分からの放送で、毎週楽しみにしていたものでした。(因みに、この時間帯、チャーリーズ・エンジェルやワンダー・ウーマンなどもやっていました。刑事スタスキー&ハッチもそうだったかな。)

Believe or Notという主題歌もかなりヒットして、いや、懐かしい。

非常に残念なのが、このDVD-BOX、TV放映版は全て収録する予定らしいのだが、肝心なパイロット版(2時間版のTV番組)が収録されていない。上に書いてある、ラルフがUFOに遭遇して、スーツとマントを与えられるエビソードは、このパイロット版なのだよね。これが未収録。面白いエビソードなのに、とても悲しい。(;>_<;)ビェェン

まぁ、兎に角、世界で初めてDVD化されたのだから、よしとすべきか。

おーい、いつかパイロット・エビソードも必ずDVD化してくれー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2004

もうひとついいですか・・・

最近、刑事コロンボにはまっている。

刑事コロンボのDVDも発売中の物は全て買ってしまって、夏休みを利用して、第1話から見ている。刑事コロンボ、全部で何話あるか知ってます?

解答
これまでで、全69話。まだ1年に1作ぐらいのペースで制作されているので増えるかも知れない。

1972年に、始まった旧シリーズが第7シーズンまでで、45話。(日本でDVDで入手可能、吹き替えあり)
1998年に始まった新シリーズが、これまで24話。(アメリカ版のDVDで入手可能、もちろん字幕もなし)

で、今日は、旧シリーズの第22話「第三の終章」と第23話の「愛情の計算」を視聴。テレビで見ていたときには、あまり気づかなかったけれど、結構刑事コロンボって、これで解決?ってところあるよなぁ。エラリー・クイーンの論理がちがちの解決と云うよりも、アガサ・クリスティーの、何かほんわかとした、曖昧模糊とした解決が多いのだよね。だから、一般受けするんだろうけど。後は、ピーター・フォークの魅力だろうね。

最近、テレビで新シリーズの23話目「奪われた旋律(2001年制作)」を見たのだが、なんとコロンボの頭が・・・真っ白。いやぁ、ピーター・フォークも年を取ったよなぁ。まだ、「ウチのかみさん」は元気なのだろうか?

よーし、明日も、見るぞう!

| | Comments (1) | TrackBack (0)